失敗はある?

失敗はある?

定期的に美容室に通っている方も多いと思いますが、
中には「過去に、パーマで失敗したことがある」という方もいると思います。

 

「思った通りに、パーマがかからなかった」という方もいれば、
「パーマで、ひどいダメージを与えてしまった」と後悔している方もいるでしょう。

 

そんな方の中には、「縮毛矯正でも、失敗はあるのだろうか?」と思っている方、
いるのではないでしょうか。

 

では、縮毛矯正の失敗について、ご紹介しましょう。

 

パーマの失敗というと、
「経験不足の美容師だと、失敗してしまう可能性があるだろう」
と思われる方が多いと思いますが、
ストレートとなると「失敗することはないのでは?」と思われる方も多いと思います。

 

しかし、縮毛矯正の場合には知識や経験がないと、失敗してしまうことがあります。

 

「どんな失敗なんだろう?」と思われる方もいると思いますが、
知識がないことで、液剤の分量や放置時間などを判断出来ず、
髪へのダメージが大きくなり、髪の毛がちりちりの状態となってしまうこともあれば、
途中から髪の毛が切れてしまうといった状態になることもあります。

 

髪の質や状態によっては、放置時間なども変わってくることになりますから、
これらの適切な判断が出来ない美容師さんの場合には、
失敗してしまう可能性があるでしょう。

 

こうなれば、髪のダメージを修復するまでにかなりの時間を要することになりますから、
その後のケアも大変な思いをすることになるでしょう。

 

このように、矯正を行う際には知識や経験がある
信頼出来る美容師さんに依頼していくことも大切。
 

 

「ストレートにするだけだから、何処でも大丈夫だろう」と思っていると、
後々後悔してしまう恐れがありますので注意が必要ですよ。