縮毛矯正のあれこれ

ストレートパーマとの違い

 
「髪の毛を、まっすぐにしたい」と考えている方の中には、
「ストレートパーマと縮毛矯正は、どちらが良いのだろう?」
と迷っている方もいるのではないでしょうか。

 

中には、ストレートパーマも縮毛矯正も同じものと思っている方もいるでしょうから、
「どちらでも変わらないのでは?」と思っている方もいると思います。

 

では、二つのパーマの違いについて、ご紹介しましょう。

 

そもそも、二つのパーマは髪の毛をまっすぐに伸ばすことが目的となっていますが、
実際には用いる薬剤も異なれば、施術方法も変わってきます。

 

まず、ストレートパーマの場合には、
あくまでもパーマなどをかけた後の髪を、まっすぐにするためのもの。

 

ウェーブヘアからストレートヘアなどに戻す際に行うものとなっているため、
くせ毛の方が髪の毛をまっすぐにしようと行っても、十分は効果を得ることは出来ません。

 

その点、縮毛矯正はくせ毛や年齢とともに髪質が変わってきてしまった方などに、
理想的な施術方法となっており、一度施術を行うことで、
矯正した部分は半永久的に効果を持続させることが出来ます。

 

これは、ストレートパーマとの大きな違いともいえるでしょう。

 

「矯正となると、髪が不自然にまっすぐになりそう」と思っている方も多いと思いますが、
最近では技術力もアップしており、自然の状態で伸ばすことが出来ます。

 

根元などは、ふわっとさせた状態で髪を伸ばすことも出来ますから、
仕上がりも自然なんですよ。

 

髪をまっすぐにするというと、どちらも同じ施術の様に思われがちですが、
実際には目的も異なれば、用いる薬剤や施術方法、効果も変わってきます。

 

髪の状態などを考えながら、相応しいパーマを選ぶと良いですよ。

アフターケアについて

「くせ毛の髪を伸ばすために、縮毛矯正をかけたい」と思っている方の中には、
「でも、矯正をすると髪が傷みそうだなぁ」と心配になる方も多いと思います。

 

矯正というと、一般的なストレートパーマと比べると
施術時間も長くなってしまいますから、ダメージを気にする方も多いでしょう。

 

では、縮毛矯正後のアフターケアについて、ご紹介しましょう。

 

今では、縮毛矯正には様々な薬剤があり、
それぞれの薬剤によって効果も変わってくることになります。

 

ダメージの少ないタイプの薬剤もありますが、
100パーセントダメージがなくなるというものではありません。

 

そのため、矯正後は自分でしっかりとアフターケアを行っていくことが大切。

 

「どういったケアをしたら良いの?」と思われる方もいると思いますが、
まずは普段使っているシャンプーとトリートメントを見直すと良いでしょう。

 

タイプによっては、矯正の効果を妨げてしまうものもありますから、
美容師さんにどういったものが良いのか確認してみると良いですよ。

 

また、矯正後には乾かさないでも髪がまっすぐの状態のため、
「自然乾燥の方が、髪に良いだろう」と思っている方もいると思いますが、
濡れた状態での放置は逆にダメージを悪化させてしまいます。

 

シャンプー後は、しっかりと乾かすように心がけましょう。

 

ケアの際には、出来るだけ櫛でとかすことは避けることもポイント。

 

そして、効果を維持するためには
矯正後1週間程度は縛ったりピンで止めるなどは避けた方が良いでしょう。

 

効果の持続率が高いパーマではありますが、
アフターケアによっては髪のダメージが進行してしまいますので、
毎日のケアが大切ですよ。

 

渋谷はおしゃれな美容室が多いですよね

更新履歴